変なとこでロアしないで~

ワルツなどのスウィングダンスに付きもののロア。

かなり大勢の方が間違えてます(-_-;)

 

いつもの例えで、ワルツのナチュラルターンでのトラブル事例。

1でロアして、ライズが間に合わず、膝を思い切り伸ばして背伸びしちゃう人。

前進の人の場合は何とかなるんですけど、後退の人が1でロアしちゃうと、前進の人をブロックしてしまって、止まってしまいそうになります。

教科書にはこう書いてあります。

「3の終わりでロア」

そう、1の手前ですでにロアしてしまってるんです。

だから、ワルツもスローもクイックも予備歩を使ってロアした状態から踊り始めるのです。

ちなみに第1歩目にはこう書いてあります。

「1の終わりでライズを始める」

ライズしなきゃならないのに、ロアしてる暇なんてないはずです。

 

ちゃんと練習してみると凄く滑らかに踊れるようになります。

僕的に一番効果を感じるのはホイスクからシャッセフロムPPの1歩目。

男性なら右、女性なら左脚ね。

ホイスクの終わりでしっかりとロアができていれば、シャッセの第1歩目が驚くほど遠くまで出せるはずです。

癖がついてしまっている方は修正に時間がかかりますが、ワルツのベーシックでしっかりと丁寧に練習すると次第に直っていきますよ。

頑張ってください。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」