必殺!三角踊りでスイスイ進め

パーティーでもそうですし、特定のパートナーがいてもそうなりますよね。

スタンダードを踊っている時の最大の悩み。

相手が右に被さってくる

目の前に相手がいるものだから、押したり、引っ張ったり、ぶつかったり。

で、そういうトラブルを避けようとして、歩幅が小さくなる。

ナチュラル系の回転なのに中に入っちゃう。

リバース系の回転なのに外に出て行っちゃう。

そんな時、便利なのが三角踊りなのです。

まさに、文字通りの技です。

ついつい進行方向に向かって踊ろうとしますよね。

でも、目の前には相手のボディーがあるんです。

じゃまで真っ直ぐ進めません。

 

例えば、中央斜めに向かってリバースターンを踊り、フロアの中に入っていこうとした場合。

第1歩目を思い切り左方向に出します。

思い切りが肝心です。

で、2歩目は進行方向にしっかり出す。

あら不思議!2歩目が楽に出せるではありませんか。

正直な話、距離は少しロスします。

でも踊りが凄く滑らかになります。

ナチュラルターンなど、ナチュラル系の回転はその逆。

第1歩目を右側に大きく逸らします。

 

実際にパーティーで踊ると、ほとんどの女性が違和感を感じません。

僕もレッスン中に、右に被る人の場合は使います。

何ならアマチュア時代の競技会でも使いました。

もちろん、普通にジャッジされます。

スローフォックストロットなど、真面目に踊るよりも、よっぽど滑らかに進みます。

もし相手が右に被って、邪魔だと思ったら。お試しあれ。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」