モンローウォークと競歩と社交ダンス

コロナ休みの中、濃厚接触せずにできる練習方法をご案内。

その前に、この練習方法に行き着いた経緯をお話しましょう。

 

月曜日は京セラドーム(大阪ドーム)のそばでレッスンを終えます。

次のレッスンまでは時間の余裕があるので、気候の良い頃には大阪駅までダイエット目的でウォーキングをしておりました。(1時間以上かかります)

するとある日、OL風のお姉さんがもの凄いスピードで僕を追い抜いていくではないですか。

その後ろ姿が、あの有名なマリリンモンローの代名詞、モンローウォークでした。

お尻がプリン、プリン大きく揺れます。

いや揺れるというよりロ、ローテーション!

う~ちゃん

見事なエイトロールやないか!

僕はさっそく真似してみます。

意外と上手くいきません。ヒップが左右に揺れ過ぎてバランスが取りづらいんです。

左右の揺れを押さえようと両手を骨盤のでっぱりに当ててみます。

すると、バランスが安定し、グングン進むではありませんか!

う~ちゃん

おっ、ええ調子や。

しかし、また問題が発覚。

ヒールに全体重が一気にかかるので、膝や腰に負担が…。

しかもピョコピョコしちゃう。

それを回避しようと、ボティーを前に前に、足の上をどんどん乗り越すように歩いてみました。

すると、更に加速します。もちろん全体重を前に押し出すので、足腰の負担が激減しました。

すると、更に、更に、ボティーが浮き上がり、ヒップも勝手に軸脚側がクリンと上がります。

筋肉を使わなくても、勝手にヒップローテーションします。

ふと、気づきました。

う~ちゃん

こ、これって競歩やん。

その日家に帰って、必死でYoutubeで競歩を検索します。

そして、それを社交ダンスで応用してみると、距離とスピードが格段に向上しましたとさ。

モンローウォーク→競歩→社交ダンス

ラテンにも、スタンダードにも応用できます。

近くの公園や河川敷など、全力でグイグイとウォーキングしてみてください。

きっと皆さんも気付きがあると思いますよ。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」