スイッチのONとOFFで移動

今日は短めだけど、大切なダンスの基本を一つ。

 

シンプルでいて、難しい体重移動。

 

とくにダンスを始めたばかりの方は、お部屋の照明とかのスイッチ。

そう、ONかOFFしかない。

つまり、右脚だけに体重が乗ってるか、左脚だけに体重が乗ってるか。

これでは、とてもぎこちないダンスになってしまいます。

 

スタンダード習っている方なら一度は聞いたことのある「中間バランス」

体重移動はONかOFF(右か左)じゃない。

スライド型のスイッチをイメージしてください。

赤丸で囲まれたスイッチ。

写真だと上下ですが、これを横に向けると左右になりますよね。

体重移動は必ずこのように徐々に移動していくんです。

早いカウントで踊る時、一瞬で移動しているように思いますよね。

でも実際はちゃんと徐々に移動しているんです。

 

よく勘違いされるんですが「中間バランス」で静止するわけじゃないんです。

ほんのゼロ・コンマ数秒、中間で立ってる瞬間があって、実際はそこを通過しているんです。

 

この右から左へウェイト(軸)をスライドさせるタイミングで踊り分けているんですね。

わかりやすい例えだと、チャチャチャはチャッチャとウェイトをスライドさせる。

サンバはネチネチとスライドさせる。

これだけで、チャチャらしく、サンバらしく見えるんです。

 

文章だけではわかりづらいですよね。

 

なので、僕がタップダンスのレッスンの時、小学生に教える方法で説明します。

まず、左脚一本で立ちましょう。

そしたらカタカナの「オ」の字になるよね~。

そしたら次は漢字の「大」。

両手を広げてちゃんと「大」の字になって。

最後は右足一本で立ちましょう。

そしたらカタカナの「オ」の反対になるよね~。

右脚から左脚、その逆も一緒。

絶対まんなかで「大」の字を作ること。

 

小学校1年生以上にしか通じません。

小学生以下の時は「大」の替わりに「ヒトデ」さんになって!って説明します。

一度、帰国子女の子どもに「What’s “DAI”?」って聞かれて困りました。

「Make a star!」って言っときました。

 

とっても、とっても大事なダンスの基本です。

バレエのバーレッスンでも行います。

全てのダンスの基本です。

 

バカバカしいと思わず、オ→大→オの練習をしてみましょう。

大の時は絶対両手を広げて「大」を作ること!

そうすることで今自分がどこに立っているのか、ウェイトがどうなっているのかが、踊っている中でわかるようになります。

わかるようになれば、次にコントロールして踊れるようになるんです。

 

最初はゆっくり、徐々にスピードを上げてね。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」