ぶ~んって、飛行機の真似してみた

スタンダードの練習をしていると、

男子

あれっ、スウェイってどっちやったっけ?
ってこと、よくありますよね。

こんな時に効果的なのが、飛行機の物まね。

両手を真っ直ぐ横に広げて「ぶ~ん」って言いながらフィガーを踊ってみるのです。

例えば、ナチュラルターンの前進の場合。

姿勢を低くした状態から、壁斜めに向かいます。

飛行機が上昇しならが、右に旋回するイメージで「ぶ~ん」

そうです。

左の腕が上に上がって、右肩下がりのシェイプができるはずですよね。

↓ 下の写真はリバースターンの前進ですね。

肝心なのは、前進の人が飛行機になること。

後退の人は、その反対になるわけです。

 

この「ぶ~ん」がメチャメチャ効果的なフィガーが正に「ウィング」

動かない男性の周りを急旋回するんです。

男性が赤と白のマーカー。

飛行機が女性。

しっかりと左スウェイをかけ、最小径で回り込む感じ。

このイメージで踊ると、凄いチャンピオンみたいなウィングが完成します。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」