【秘伝】これを知らなきゃ踊れない

社交ダンス界には、基準となる教科書があります。

特にスタンダードの教科書は素晴らしい出来なんですよね。

なので、ベーシックステップを踊る分には、先生ごとに意思が統一されています。

ところが教科書に載っていないフィガーについては、先生ごとに変わってきます。

踊り方どころか、フィガーの名前さえ違ったりします。

所属団体や地方によっても差がでます。

 

では、我々は何を基準にして踊ればいいのでしょう。

やっぱり、教科書に立ち戻るしかありません。

教科書をしっかりと読み込んでいくと、ある法則が見えてきます。

僕はこの法則に則って踊ろうとするし、生徒さんにも指導しています。

その法則がコレ!

一見難しそうですが、本当に上手になりたいのなら、覚えてしまうしかありません。

 

 

2,3回前の記事で、飛行機の真似をしてくださいって書きました。

こちらの記事を一度読んでからトライしてみましょう。

表を見ながらナチュラルターンの前進を「ぶ~ん」と飛行機の物まねをしてみましょう。

予備歩を除くと、第一歩目は右脚。

もちろん外回りになります。

ロアの状態からライズしていくと、左翼が先に上昇し、遅れて右翼が上昇します。

左翼はゆっくりと右回転しながらも、ぐんっと進みます。

右翼は一気に回転しますが、移動距離は短いです。

この間、移動距離の差と、ライズの差によって、後退の人はNFRになってしまいます。

 

僕が何度も言っている

「移動距離と回転量は反比例する」

これもこの表から読み取れると思います。

表を見ながら教科書のチャートを読んでいくと、もの凄くわかりやすくなるはずです。

 

また、この表に当てはまらないフィガーもいくつかあります。

そういうフィガーは特徴的なので丸覚えてしまいます。

ズバリそれは、アウトサイドチェンジですね。

リバース系なのに第一歩目が左右逆なんです。

でもやっぱり内回りの第一歩目はNFRなんですよね。

男性はしっかりと覚えておきましょうね。

 

 

今回の記事は、とっても、とっても大切なことです。

普段の練習の合間で結構です。

表を見ながら一歩ずつ、どうなっているのか確認してみてください。

教科書に載っていないフィガーも表を参考に分解していくと、正しい踊り方が見えてくるはずです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」