コロナウィルスで情報が錯綜中

今後の教室運営をどうするか勘案するにあたり、いろんな所から情報収集しています。

すると、本当に様々な情報があってビックリです。

 

マスコミで連日取りざたされているコロナ関連ニュース。

ニュースバリューの高い感染者数が日々伝えら、人々の不安を煽っています。

しかし、死者数は百数十名にとどまっています。

 

じゃあ、なぜ日本の死者数が少ないのか。

BCG打ってる説。

日本人は綺麗好き説。

スキンシップが少ない説。

年末年始のうちに、すでに日本に蔓延しててい、もう抗体ができてる説。

日本人は真面目だから、自主的に自粛してる説。

 

なんだか、どれも説得力があるような、ないような…。

 

社交ダンス界でもいろんなニュースが出ています。

他の先生方や競技選手たちからの情報。

某教室は表向き休業してるけど、闇営業してる。(別に闇じゃないし、運営してもいいんだけど…)

某教室が廃業を決めた。

若手の先生たちがハローワークに通ってる。

今年の競技会は全て中止にすると、某団体の偉い人が決めちゃった。

競技選手の持ち級は維持される。

いや、一回も競技会に出ない選手は降級する。

〇〇カップルがペアを解消した。

〇〇先生が引退を決意した。

 

一番錯綜しているのが行政。

ニュースで報道される施策と現場の現状が全く食い違ってる。

たぶん、国会議員同士、官僚同士でもちぐはぐになってるんだと思います。

 

変な噂もあります。

猫もコロナウィルスに罹る。

略して「ネココロナ」

とあるパン屋で「ネココロナ」って名前の「チョココルネ」が売られている。


※ネココロナ想像図

 

さすがに最後の噂は笑ってしまいました。たぶんネタでしょう。

 

そんな中で、僕たちはしっかりと自分の判断基準を持って行動しないといけませんね。

 

ウチの教室は、大阪もしくは東京の死者数を基準に来週判断をしようと思います。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」