ツイストターンが下手投げに!?

タンゴを習い始めて、最初の方に出てくるツイストターン。

コーナーでくるりとLODを変えるやつね。

これ、実は比較的上手になってからトラブルことが多いんです。

 

さて、相撲の決まり手「下手投げ」

差手で褌を引き、相手が寄ってくる際に差した方の足を基点として、他の足を差手の方に大きく開きながら、差手をかえすようにして投げる。
ウィキペディアより。

社交ダンスに例えると、女性が前進してきた勢いを使って体を開き、相手をひっくり返しちゃう。

 

これってツイストターンでみんながやっちゃうことですよね。

慣れている女性は、さすがにひっくり返りませんが、遠回りしちゃう。

初心者の女性は途中でひっくり返って後退になっちゃう。

 

女性にも少し責任があります。

男性は大いに責任があります。

そして、諸悪の根源は教科書にあります。

 

教科書には、4歩目「右足は左足の後ろに交叉」とあります。

これを見た男性は、足を交叉した時点で満足しちゃう

 

さあ、直していきましょう。

 

女性は簡単!

決してアームについていかない。

男性のヒップ目掛けてひたすら前進。

以上です。

これで、遠回りしたり、ひっくり返ることはなくなるはずです。

 

男性は大変!

正式名称はナチュラルツイストターン。

つまり右回りです。

これをしっかりと意識すること。

ヒップの右回りをただただ続けること。

そうすると4歩目の意識が変わります。

足を交叉するんじゃない。

右回転を継続するから右足が左足の後ろにいっちゃう。

そのまま回転継続。

その後、ボールで回転とか、ヒールで回転とか悩まない。

慣れてくれば、勝手に正しくなってます。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」