シャッセッセ~のヨイヨイヨイ

せっせっせ~のヨイヨイヨイ!

で始まるのはアルプス一万尺の手遊びですよね。

でも僕たちはダンサーです。

 

とういうことで、今回はシャッセッセ~がテーマ。

社交ダンス界では、シャッセの踊り方を日本語で”開閉開”って説明を受けますよね。

 

あらゆるダンスに存在するステップです。

前後左右4方向、全てシャッセ。

社交ダンスではジャイブだけ4方向のシャッセがあります。

通常、社交ダンスでは前後の場合、脚が交叉してロックになります。

 

サイドシャッセで回転するのがシェネというステップ。

社交ダンスではスリーステップターンと呼びます。

 

さて、さて、皆さんはシャッセをどのように踊りますか?

一般的なのはAの踊り方ですよね。

文字通り、開・閉・開

無理に進もうとして、Bの踊り方になっちゃう人も結構います。

赤い星印はウェイトの位置を示しています。

残念ながらどちらも間違いです。

 

Aの間違いは、常に両脚にウエイトを置いちゃってる。

つまり、常に両脚で立ってる。

動きの中では、意図的に振付された場合を除いて、両脚で立つことはありません。

社交ダンスに限らず、ダンスの基本中の基本です。

 

Bの間違いは、シャッセの基本の真逆。

進行方向の脚(図の場合は左脚)にウェイトを乗せちゃってる。

だから、進行方向に向かってバランスを崩しちゃう。

 

正解はコレ!

【シャッセの基本】

1.左脚は、体を進めるために使います。進行方向に向かって送り出します。

2.ダンスを踊る場合、必ず中間を感じます。通過するだけですので、ウェイトは50%:50%でも、決して止まってはいません。通過です。

3.中間を通った後、一瞬だけ左脚にウェイトが乗ります。が…

4.すぐさま軸足(ボディを支えている脚)を左から右へ移します。空いた左脚は、すでに進行方向に送り出されています。

5.コンマ数秒ですが、中間を経由する意識は忘れずに。

6.シャッセを終わる場合は、必ずどちらかの脚に乗って終わります。通常は進行方向の脚です。

 

【まとめ】

進行方向の脚はウェイト・軸を送るため。

進行方向とは逆の脚は立つため。

 

これができると、滑らかに、遠くに、速く動くことができるようになります。

練習では、Cのイラストの1,4の左脚を大げさに進行方向に向かって伸ばしてみましょう。

 

シャッセ=ロックです。

チャチャチャで脚が間に合わない方などは、これを徹底して練習すれば、フットスピードがグングン上がります。

 

競技実績のある先生(ダンスが上手な先生)は、シャッセを教えるのが苦手です。

だって、勝手に踊れちゃってるから。

シャッセやロックでお困りの方は、ぜひウチの教室に遊びに来てください。

フォーラウェイリバースでバランスを崩しちゃう方にも効果てきめんですよ。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」