足の上を乗り越すってこと

何度か記事で書いている「足の上を通過する」って説明。

なかなか腑に落ちない方が多いようです。

体の重心、軸が多いに関係するので、併せて説明します。

 

重心と軸とは?

重心っていうのは体の重み、ウェイトのことですね。

軸っていうのは大黒柱、その人の中心で体を支える部分です。

通常は、軸と同じ位置に重心はあります。

 

重心(ウェイト)の具体的な場所

ここが一番の肝です。

スタンダードであってもラテンであっても、他のダンスであっても一緒。

ダンスを踊る場合のウェイトのイメージはこんな感じ。

肩甲骨の下の方、やや外側。

そこに飲み物が満タンのペットボトルをあてがいます。

それを、背中の中にグリグリ深く押し込んだ所。

そこに自分のウェイトがあると思ってください。

この場合は左の背中なので、左脚に立っている場合。

右脚に立っている場合は、右の背中にペットボトルが食い込んでます。

 

そう、軸足により重心・軸は変わるんです。

ここ大事なポイントです。

 

動かずに立っている場合、ペットボトルはボールの真上にあります。

これがラテンの真っ直ぐたっている位置だと思ってください。

メチャメチャ前のめりに感じるはずです。

 

足の上を通過する

スタンダードの方は耳にタコができるくらい言われていますよね。

まず足のパーツを分解してみましょう。

画像は前進ですよね。

僕の場合はこんな感じでパーツ分けしてます。

かかとの一番後ろ、かかと、土踏まず、ボール、足の指、足の指先。

この順番にペットボトルが足の真上を通り抜けていきます。

 

後退の場合はこの反対です。

足の指先、足の指、ボール、土踏まず、かかと、かかとの一番後ろ。

※回転を伴うフィガーの後退、第一歩目、NFRの場合は、土踏まずくらいでライズを始めます。

 

足の上空をペットボトルが進んでいく感覚をしっかり練習しましょう。

 

練習フィガー

僕が足の上を通過するって意味を体感したのが、ワルツのスピンターン。

ある日突然気づきました。

ヘレンケラーの「うぉ、ウォーター!!」って感じです。

 

どこで乗り越すことを体感できるかは人それぞれ。

中でも、一番感じやすいフィガーがコレ!

 

フェザーステップとスリーステップ。

 

ただ一直線にフェザーステップとスリーステップを繰り返します。

カウントはS,Q,Q S,Q,Qですよね。

それぞれ最初のQで、足の上を乗り越す感覚を覚えます。

肝心なのはカウントの取り方。

S,Q,Q S,Q,Q

スロー、クイック、クイックと踊らない。

スロー、クゥ~イ~~、ックとカウントします。

伸ばしてる間にゆっくりとペットボトルが足の上を通過する感じ。

できるだけ、クゥ~~イ~~~~…。

って伸ばす。

 

で、男性と女性が前進後退をチェンジ。

 

うまく踊れたら、思っているよりも肩甲骨が体の外側にあるのを感じるはずです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」