ピクチャーポーズ適当にしてませんか?

スタンダード踊ってて、一番気持ちいいのがピクチャーポーズですよね。

オーバースウェイ、スローアウェイオーバースウェイ、コントラチェック、ライトランジetc.

特に女性の大好物です。

だって、美しさを見てほしいですもんね。

 

でも、実際にはとても難しいんです。

各先生によってもフィーリングは様々です。

男性も、女性も、なんとなくピクチャーポーズしてませんか?

 

前述の通り、答えは様々です。

なので、今回はある考え方を一つご紹介します。

 

それはトリプルデッサン

トリプルデッサンとは、パントマイムの大御所、エチエンヌ・ドクルが提唱した考え方です。

簡単に説明すると、人間の体の動きは3方向で表現できるってこと。

赤矢印が回転(イヤイヤ)

青矢印が旋回(ハテナ?)

青矢印が深度(うんうん)

カッコ内は実際の動きです。

要するにこの3方向の回転を使って表現します。

僕たちが受けたレッスンでは、頭、胸、骨盤の3か所をトリプルデッサンするわけです。

これが実際のトリプルデッサン


※20分22秒くらいから始まります。

 

例えばコントラチェック女性の場合。

体重は前後に開いた足の中間で体重移動なし。

頭は左、左、後ろ。

胸は左、左、後ろ。

骨盤はなし。もしくは小さく左、左、後ろ。

※もちろんアームは胸に連動しています。

 

そうやって、最終形の目安を持っておくんです。

すると、自分なりの形やリードが見つけやすくなります。

 

このトリプルデッサン、本当に、ホント~に、役に立ちます。

特殊なパントマイムの技術ですが、基本のトリプルデッサンは難しくありません。

機会があれば、ぜひ一度習ってみてください。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」