秋から競技会再開ですって?

所属団体の競技会がいよいよ9月下旬から再開されます。

 

しかしながら、なかなか気合一辺倒の案内です。

曰く「細心の注意をするから、競技会をやりたい!」

意気込みだけは伝わってきますが、逆に不安で仕方ありません。

 

そもそも、そんな気合だけで公の施設が使用を許可するんでしょうかね。

僕が施設の管理責任者なら怖くて絶対断ります。

 

国のガイドラインでは、おそらく8月以降でも屋内イベントは定員の50%に制限されると思います。

収容人数の50%だと200~300名程度でしょうか。

実質は、ほぼ競技会参加者なので、参加可能なのが100組~150組。

そこにジャッジを含めたスタッフが数十名加わるので、実際に参加できる組数はもっと減るでしょう。

完全なる赤字です。

 

一体何を目的として競技会を開催するのでしょう?

 

競技はプロのみとし、ライブ配信をするなら理解できます。

それなら、実際に会場を借りることもできると思います。

 

ひょっとして、先生方がパーティーを開催する免罪符にするのでしょうか?

 

秋になってみないとわかりませんが、世論の空気は社交ダンスの大きなイベント開催を許さないと思います。

 

僕の感覚では、ワクチンと治療薬が認可され、希望者が予防または治療が可能になるまでは、大きな社交ダンスイベントは不可能だと思います。

競技会にはプロの先生や、アマチュアの指導者が多く参加します。

もちろん、それぞれに生徒さんを持っているわけです。

その中には年配者も多いはず。

 

指導者としての責任はどうするのでしょうか?

 

思慮深い方々が集まっておられると信じています。

 

ここは団体の保全よりも、団体としての社会的責任に重きをおいて、再考してほしいと思います。

未来のダンス指導者のため、またはダンス愛好者のために。

 

秋まではまだまだ時間がありますよ。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」