だからリバースターンだってばー

以前にクイックオープンリバースの成り立ちについて説明しました。

もちろん自己流の解釈です。

クイック?オープン?リバース??

長ったらしい名前なので、よくわからなくなりますが、要はリバースターンなんです。

 

ところが、パーティーなどで踊るとみんなこんな感じになっちゃいますよね。

男子

オラオラー、どけどけー、俺様のお通りだ~!

中央斜めを振り返ってみたら、フロアの真ん中が開いてる時ね。

女性も同じ気分でグワーッって後退しますよね。

 

男性は右足から、女性は左足から、4歩のフィガーとして解釈してお教室で習うと思うんです。

実は教科書には、男性は左足から、女性は右足からのオープンリバースターンなんです。

だから、普段2歩目だと思っているステップで左回転を始めなければなりません。

{ポーン! 次、左に曲がります}

特に気を付けないといけないのは女性。

勢いに任せて左、右と真っ直ぐに後退してしまうと、男性は凄く困っちゃいます。

結果アンダーターンになって、リバース回転なのに、どんどんフロアの外に逸れていっちゃうんですよね。

 

他にもコーナーからフロアを斜めに突っ切る足型がたくさんあります。

たくさん進もうと歩幅を大きくしてもダメないんですよね。

正しく踊ることが、結局は一番距離は伸びるんです。

 

昔の人は、いいこと言いますよね。

「急がば回れ」

別に距離や速さを競ってるんじゃないですもんね。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」