もっと楽に踊ろうよ

やっぱり今日も酷暑です。

自転車でレッスンに来られた方は、レッスン前から戦意喪失。

と言うことで、あまり動かずに普段疎かにしている足型を丁寧におさらいしました。

 

スリースリーズやスリーアレマーナなど、いちいち一歩ずつ、回転量を説明しながら教えていきます。

 

 

すると…、あら不思議。

クラス半ば過ぎには、とってもヘタクソになっているではないですか??

 

一歩ずつ見直すことで、すごく理解はできました。

だけど実際に踊ってると「いちいち気にしてられるかっ!」ってなっちゃいます。

やっぱり、楽しいのがイチバンですよね。

 

と言うことで、いつも通り、アバウトに説明し直します。

 

スリースリーズを楽ちんに踊る

2,3,4

最初はオープンヒップツイスト。

ただ、回転量を大きくするだけ。

 

2,3,4

左、右、左と踏みかえ。

3歩目の左足のつま先を外に大きく開いて、しっかりボールに乗るだけ。

※回転量が少なかったり、バランスを崩しても男性がサポートしてくれるはず。

 

2,3,4

右足バック、左に戻って、右足前進。

3歩目から右回りを始めちゃう。

 

2,3,4

アレマーナを回りすぎちゃう。

※回転量が足りなければ、男性が回り込んでくれるはず…。

 

全然正しくないですが、実際にこの通り踊ってみたら、立派なスリースリーズになってるはずです。

 

スリーアレマーナを楽ちんに踊る

1回目のアレマーナは普通に踊る。

アレマーナの終わりで、左のお尻をプリンって男性に向ける。

次の左回りは、右、左、右と、3歩その場で足踏み。

絶対回転しようなんて思わない。ただ足踏みするだけです!

そうしたら、楽に2回目のアレマーナ。

ハイ、スリーアレマーナが楽々完了!

 

決して自分で回らない。足踏みするだけ。

踊れなければ100%男性が悪い!って思ってください。

 

 

もちろん、教科書通りの回転量を守れば完璧です。

綺麗に見えるでしょう。

でも、パーティー等では、滑らかに踊る方が大切だと思います。

こんな教え方を他の先生にみつかったら、怒られちゃいます。

 

でもね、ちゃんと踊るのは競技選手やデモに出る人だけでいいんじゃん、って思うんですよ。

 

とりあえず、踊れるようになる。

で、細かい部分が気になるようになったら、その時にちゃんと覚える。

 

いきなり100%を目指さないことが、早く上達する秘訣なのかな~。

急がば回れってことですよね。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」