米粒コネクションで応急処置

ホールド。

正しいホールドを突き詰めようとすると迷宮に迷い込んでしまいます。

何度か言いましたが、団体や先生、時代やカップルバランス、それぞれの考えや背景によってバラバラです。

未だに、どれが正解なのか僕にもわかりません。

 

スタンダード初心者にとっては尚更ナゾなのです。

 

何の目安もなく踊っていると、お互いがだんだんと右に入って相手を邪魔しちゃう。

先生も面倒だから、最初に教える時に「男女が半分ずれてるんですよ」って教えちゃう。

 

こんな時はまず細かな理屈を抜きにして、僕はこう言います。

 

あなたの体はお米粒ですよ~。

断面はこんな感じでしょ。

組む相手も一緒。

お互いの欠けてる部分(胚芽)を着けて踊りましょうね。

 

これを言うとほとんどの方がびっくりします。

だってボディーコンタクトがとても少ないですからね。

 

でも実際に踊ってみると、とても楽に踊れるんですよね。

リバース系なんて超簡単!

 

なぜなら、コンタクトが薄いと、目の前に障害物が無くなるからなんです。

障害物ってもちろん相手のボディーのことね。

 

時折練習場で見かけるアレ。

右腕を二人のヘッドの間に伸ばして踊るアレ。

よく競技選手が練習の時にやってますよね。

あれと一緒なんですよ。

わざわざ腕を差し入れなくてもいいんです。

 

お互いが「俺は米粒」「私は米粒」って念じながら、胚芽の部分を密着させて踊る。

 

何ならそのまま競技会で踊っちゃっても大丈夫です。

案外チェックが入ったりしますよ。

 

実は米粒コネクションにはもう一つ良い点があるんですよ。

アライメント、踊っていく方向がはっきりするんです。

胚芽の面を進行方向に向けることで、第一歩目が思った方向に行けるようになっちゃう。

 

嘘っぽいけど本当の話。

皆さんも練習に煮詰まったら、一度試してみてください。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」