男子の陣地と女子の陣地をイメージする

女子

あっ、右肩が邪魔!

男子

おいおい、前に被ってくんなよ!

女子

ってか、私の進路ジャマせんといて!

よくある、カップルの喧嘩です。さて、どうしてこんなトラブルが起こるのでしょう。

普通、スタンダードで組んだ時に考えるのは「右手の端っこから左手の端っこ」までが自分の陣地って思ってしまいます。

↓こんな感じですよね。

当然男子は、右肩は男子のエリアだと思うし、女子は右のアームは全て自分のものだと思っちゃう。

しかし、実際は↓下のようになっています。

男性のネック~左アーム~女子の右アーム~女子のネックまでが「男子の陣地」

そして女性のネック~左アーム~男子の右アーム~男子のネックまでが「女子の陣地」

男子は自分の陣地をキープし、何ならめいいっぱい広げていく。女子は女子で同じ。

そうすることで、お互いの陣地を広く張ろうとする圧力が生まれます。

それを僕は男子気圧女子気圧を呼んでいます。↓下のイメージです。

男子気圧が大きく張り出そうとすると、右の圧力が弱まります。

そこに女子気圧がどんどん張り出す。

女子気圧が男子の右サイドに張り出すと、また男子気圧が前方に大きく張り出せる。

そうやってお互いのエリアを取りあうことで正しいポジションにいることができるのです。

逆に男子の右肩が前方にせり出すと、女子気圧を弱めてしまいます。同じく、女子のヘッドが右に入ってしまうと、男子気圧は霧散してしまうのです。

自分の陣地を広げながらも、相手の陣地に立ち入らない不可侵条約を遵守して踊るとトラブルがグッと減ると思います。

天気予報で天気図を見ながらイメージを膨らませて下さい。

う~ちゃん

おっ、九州の高気圧が張り出して、関東の低気圧が北東に押し出されてるじゃないか。これは壁斜めに男子がナチュラルターンを仕掛けているようじゃないか!

男子

男子気圧を広げてやるぜ!

女子

ホホホ。そしたら男子の右サイドの圧力が弱くなっちゃう。そのスキに女子気圧がグイグイ広がっちゃうからねっ!
まあ、とにかく喧嘩せずに仲良くやりましょう。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」