ラテンでふわふわ踊ってんじゃないわよ

ラテンを踊っていて、どんどん曲から遅れてしまうお悩みをよく聞きます。

特にチャチャチャなんかだと、本当に脚が絡まったりして。

遅れはしなくとも、全く余裕が持てない方が多いと思います。

昔、まだ生徒として団体レッスンを受けていた時のこと。

正に投稿のタイトル通りの発言をされた女性がいました。もちろんもっとマイルドな言い方ですけどね。

女子

チャチャでそんなにふわふわ踊っとったら遅れてまうがな

じゃあ、どうしろとは言いませんでしたが、あとになって対処方法がわかるようになりました。

ふわふわする原因は重心が高くなっているからなのです

重心が高くなるとどうなるのか?

右脚から左脚、左脚から右脚、つまりステップが遅くなるのです。

イラストを見てもらって、その通り実験してみてください。

まずは腕を高く上げて万歳!そして手を大きく左右に振りながら体重を右⇔左と移動させます。

どうですか、体重を乗せ換えるのに時間がかかりませんか?

それに対して、腕をダランと下げてブラブラと手を振りながら体重を右⇔左と移動させてみてください。

俄然、スムーズに体重移動ができると思います。

僕が伝えるイメージの中でもピカイチで腑に落ちていただけます。

ほとんどの方がこれを試すと、目からウロコをポロポロと落とすもんです。

ただ、これだけでは低重心の感覚が何となくわかるだけなんですよ。

じゃあ、どうやって踊りの中でこの低い重心を実現するのか。

実はここからが難しいんですよね~。

体重移動に関しては諸説様々あるんです。先生によって考え方や解釈がいろいろ。

フットワークや乗り込む場所、タイミング。

お華やお茶みたいに、流派がわかれるんです。

で、ラテンの先生って感覚で踊りを身に付けた方が多いんですよね。

だから、「こう、こうやっ!えいっ!」って体で表現したり、「メラメラ、ギラギラ、キューン、ドーン!」って擬音だけで表現するんですよ。時々、何言ってるかわかりません。

まずは真っ先にヒールがフロアに着いて、そっからジワジワとつま先に抜けていく派。

ドンと乗って土踏まずからトーに抜けていく派。

一気にボール乗る派。

一気にボールに乗って、しかもあり得ないくらい超ボールバランスになる派。

でも、移動の経過を説明してくれる先生は少ないんです。

で、僕が一番大事にしているイメージは中間バランを通過する瞬間が一番、重心が低くなるってイメージです。

ブランコで例えると、一番下に降りて来た時に地面にめり込む感じ。

ん~やっぱり難しいです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」