ボディーのコネクション・コレクション!

いい感じに韻を踏んだタイトルです。

hey、YOー!コネクションのコレクションだYOー!

スタンダードのコネクションの中でも、諸説があるのがボディーコネクション。

一般的にはお互いの右ボディーを付けることが多いと思います。

団体レッスンなんかでは、とりあえず「お互いの右側を付けましょうね」って教えますし、皆さんも教わったと思います。

しかし、他にも説はあります。

いやいや左を付けるんだ!

別に無理してくっ付いてなくてもいいよ。

更には、付ける位置も様々なんです。

アバラを付けろ。

アバラから右の太ももまで全部付けろ!

骨盤だけくっ付けて、上まで付けたら狭くなるぜ!

スタンダード界には、それぞれ先生のコネクション、コネクションのイメージなんかがいろいろあるわけです。

そこで、今回は僕が出会った数々のコネクション・コレクションご紹介したいと思います。

コレクションNo.1

女性の左の脇腹をセントバーナードに舐められているように!

しかも、もう一匹のセントバーナードは女性の右頬を舐めてる。

女性のシェイプも含めた説明ですが、昭和44年生まれの僕には大変腑に落ちました。

わかるっちゃあ、わかる。でも、ずっとセントバーナードを連れて踊るイメージは難しいかったです。

似たような例えで「みぞおちをイルカに甘噛みされているように」というのもありました。

コレクションNo.2

右わき腹に握りしめた短刀で、父の仇の右わき腹を突きさす!

「しっかり右を付けようね」って意味ですね。このイメージは2,3人の先生から聞いたことがあります。

しかし、僕が更に腑に落ちたのはコレ!

女性の左背中に刺さった槍が右わき腹から抜けて、男性の右わき腹に刺さったまま踊る。

なかなかシュールなイメージですが、これがなかなかいいんです。

槍が刺さったままだと、コネクションがうまく付いたまま踊れます。

「左を付けろ」っておっしゃる先生のイメージがこれですね。

実は今でも時々、このイメージを使ってます。

ヴェニーズワルツ、ナチュラルターンの一歩目はこんな感じで踊ってます。

勢いよく串刺しにされる感覚を持つと、進めるんですよね。

コレクションNo.3

空飛ぶ円盤に右わき腹から吸い込まれて、連れていかれるように。

吸い込み系の代表格ですね。

似たようなイメージで「男性の右わき腹にダイソンの掃除機が付いてて、女性の右わき腹を吸い上げる

要するに、女性をしっかり引き込んで踊りなさいってことですね。

男性が後退の時なんかで、よく耳にするイメージです。

やっぱりコネクションも時代と共にいろいろ変化しているのでしょうね。

他にも楽しいイメージをお持ちの方がいらしたら、ぜひ教えてください。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」