ボディーのコネクション・コレクション(続編)

前回の投稿では、様々なボディーコネクションのイメージをお伝えしました。

女子

で、アンタのコネクションは?

と、素朴な疑問をいただいたので、お答えしたいと思います。

まず、前回にお伝えした「吸い込み方式

これを前進と後退の第一歩目で意識してます。

ざっくりとイラストにするとこんな感じ。

男子と女子がカギ型になって上下にピタリとはまる感じ。男子が吸い上げるんですね。

これを動きの中では、赤が前進で青が後退と変換するのです。

つまり、前進は潜り込むように下から、後退は懐に吸い込んで上に被るように踊ります。

WDSFのスタンダードをyoutubeで見るとイメージがつかめると思います。

で、僕たちが基本に置いているコネクションはコレ!

ネジネジ方式

一般的に、先生がよく言う「おへそを相手に向けて」ってやつのことです。

僕はこのコネクションをこうイメージしてます。

【ネジネジコネクションの作り方】

まずはお互いのシャツの右裾を引っ張り出して合わせます。

それを、ネジで右回りにグルグル巻きつけます。

すると、二人のコネクションはこんな感じに

こうするとボディーコンタクトは中心に向かって求心力が生まれて、外れないようになります。

また、トップのホールドは逆に遠心力で広がるのです。

↓出だしに映ってる二組が、同時にネジネジしてるのがわかると思います。


これができるとナチュラル系はメチャメチャうまく踊れます。

例えば、グルグルとスピンを連続したり、チェイス、フォーラウェイホイスクなんかですね。

逆に、リバース系の時はネジが緩んでしまうのでホールド外れてしまいがちになっちゃいます。

でも、このコネクションの最大の利点は、いちいち体のパーツのポジションやシェイプの作り方を考えなくてもいいことです。

組んでネジネジするだけで、何となくポジションが決まっちゃうんです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」