松葉になれ!スタンダードでスイスイ進む

社交ダンスを習っている方の中には競技選手がいます。

競技会に参加している方ですね。

競技選手によく聞かれるのが「スタンダードでしっかり進む方法」です。

その方法は、ズバリ!松葉になる!

(-_-;)が、画像にインパクトがないですね。

数年前の大阪インターを観戦していた時のこと、スタンダード、ファイナリストの某先生の踊りを見て思いました。

う~ちゃん

スイスイ進むな~。まるで松葉みたいや~!

話は最初に戻って、競技選手が「進みたい」と頑張って陥ってしまう症状。

脚を遠くまで振り出して、軸足で「エイっ」と蹴り出してしまう。

もちろん、脚に力が入ってガチガチになってしまいますし、膝の緩みも不自然になります。

何より、体重が一気に移動してしまうので、踊りが滑らかになりません。

ピョコピョコ、カクカクって見える、途切れとぎれの踊りですね。

飛び石の上を歩いてるみたいなので、上体も体の軸もブレブレになっちゃうんです。

そういう方には、まず脚の力を抜いてもらってユルユルで歩くように踊ってもらいます。

すると、あら不思議。頑張って蹴り出して踊っていた時と、進む距離は変わりません。

頑張って蹴る = ユルユル歩くように

進むためには、足を出す方向や男女が入れ替わるタイミングが重要なわけで、脚力はあまり関係ありません。

女子

じゃあ、どうすりゃいいのよっ!

ハイ、松葉になってください。

文字で先に答えを言いますと、

足を進行方向に出すイメージじゃなく、体を下に沈める。

まずは松葉をテーブルに上に立ててみます。つながってる方が上向きね。

で、つながってる方を指で上から押し下げる。

これが進むということです。

しっかりロアした分だけ人は進みます。

脚の筋肉なんてなくても大丈夫なんです。

上の画像を見てスタンダードをやってる方は「ハツっ!」と気づくはず。

男子

ちゅ、中間バランスや~

そう、この時に同時にボディー(ウェイト)の進み方も考えてみます。

中間バランスを考えると、こんな式で表せると思います。

脚を開く距離:ボディーが進む距離 = 2:1

実際には少し違うんですが、とにかく脚が動けば体もしっかり動くということを意識することが大切です。

このイメージも、目からウロコが落ちまくる確率が高いです。

体がついてくるかはさて置き、脚力に頼らなくてもイイってことが頭で理解できるのです。

とにかく脚を開けば、体がロアして、進むってことを体感してください。

方法は、誰かに両手を持ってもらって、フロアの上で足を前後に滑らせて開いていく。

自分が松葉になったと思い込んでくださいね。

もちろん前進でも後退でもかまいません。

女性はヒールなのでちょっと難しいかもしれませんね。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」