楽に、歩いて踊りませんか?

社交ダンスの踊り方とか、意気込みとか、スタンスとか、考え方なんかは人それぞれ。

そんな中で、現在の社交ダンス界は、競技至上主義者がリードしているんだと思います。

そうなると、自ずと頑張る踊りが増えるわけです。

頑張りすぎるとトラブルがいっぱい起こります。

でも、頑張らないことにはチェックがもらえないですから、仕方ないです。


さて、ある程度踊れるようになった経験者の方がお越しになられると、だいたい頑張って踊ってらっしゃいます。

そういう方が来られたら、僕はホールドも解いて、ゆるゆるとブルースをのんびり踊ります。

もしくはワルツのベーシックを超ゆったりと踊ります。

曲のテンポをめいいっぱい落として、何ならその曲も無視して、ゆっくり、ゆったり踊ります

そうするとトラブルの原因が灰汁のようにぽっかり浮き出してくるんです

ペタン、ペタン、ペタン。よちよち歩きみたいに一歩ごとに全体重が、ひと息に乗ってしまいます。

前進する時、上体が覆いかぶさってきます。

後退する時、頭がのけぞって引っ張ってしまいます。

そう言う時は、さらにテンポを落として、歩幅を狭めて歩きます

そうすると、うまく入れ替われなくなります

しばらく試行錯誤します。

すると、入れ替わるためには、どのステップでどう工夫すればいいかが見えてきます。

お互いが無理なく、歩くようにステップを踏んでフロアを一周できるようになります。

はい、最後は無駄がなくなってとっても楽になるはずです。

まずは引き算をして、いらない物をそぎ落とす。そこからリスタートしませんか?

長くダンスを続けているシニアの方は、ダンス愛に溢れています。

そういう方たちの飾らない、頑張らない踊りは、見ていて本当に楽しくなります。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」