アンモナイトで難しいフィガーを踊る!

前回、リバース系とナチュラル系の足の置く位置について説明しました。

日曜日の競技会でさっそく質問を受けたので、追加でお話します。

難しいフィガーではフィガーごとに、少しイメージを変える必要があります。

例えば、タンゴのフォーラウェイホイスク

ズバリ、アンモナイトです。

女性の足の軌道がゆっくりとカーブを描きながら、最後にキュッとなる。

上記の写真もナチュラル系に渦巻いてますよね。

女性は足の向きだとか、あまり気にせずに緩やかなカーブでステップを踏みます。

緩やかなので、しっかり進むことができます。

やがてフォーラウェイポジションから右足が後ろに交差します。

この時、ほとんど進みません。

で、右足にしっかり立つ瞬間にキュッと左の脚がナチュラル方向に巻き込まれる感じ。

うまくいくと、男性のリードを受け、全く力を使わず、軸もぶれることなく次のステップへ移っていけます。

フォーラウェイだとか、ホイスクって言葉に惑わされてはいけません。

とにかく緩やかに外から中へ向かうにつれて距離が縮まり、カーブが深くなる。

回転じゃなくて、カーブしながら進行しているイメージです。

男性はしっかりと女性を巻貝のラインに乗せてあげる。

イメージはアンモナイトでもサザエでもかまいません。

s,q,q,q,qぐ~る、ぐる、ぐる、ぐる、キュッ!

女性がうまく軌道に乗ると、フィガーの最終歩で男性の進む道が楽に開けます。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」