またまた試験です(-_-;)&教科書について

最近ブログの更新が遅いと、ダンス仲間から指摘をうけました。

すみません。またまた試験です。

只今、受験勉強中なんです(-_-;)

 

今回はJBDFプロフェッショナルダンス教師資格3級スタンダードです。

カップルで5種目踊ってみせたあと、筆記試験、面接試験と続きます。

面接試験はスタンダード5種目についての質疑応答。

聞かれたフィガーについて口頭で答えなければなりません

試験範囲はスタンダードの教科書の7割、5種目、70以上のフィガーが対象となります。

はっきり言って絶望的な内容です。それでも黙々と勉強を続けます。

 

しかし、テスト勉強も悪いことばかりではありません。

普段、曖昧に踊っていた部分なんかが「ほほう、そうなってんのか」と理解が深まります。

生徒さんの中には足型マニアの方もいて、そんな時に自信を持って答えられるのもいいですね。

 

さて、教科書の中身について。


※版権とかよくわかんないんで、ぼかし入れてます。

それぞれのフィガーについて一歩ずつ説明があります。

一歩の中には足の位置、アライメント(方向のこと)、回転量、ライズ&フォール、フットワーク、スウェイ、CBMが記述されてます。

もちろん、男性用と女性用の2種類。

他にもタイミングや注釈、先行するステップ、後続するステップなど、ありとあらゆる情報が詰め込まれています。

長いフィガーだと11歩!!

OPEN TELEMARK, NATURAL TURN TO OUTSIDE SWIVLE AND FEATHER ENDING

オープンテレマークナチュラルターンツーアウトサイドスウィブルアンドフェザーエンディング。

もう、スペルチェックをする気力もありません。

う~ちゃん

言い終わる前に、踊り終わってまうわ!

 

これから競技会を目指す方、メダルテストを受ける方は、持っていても損のないものなので、ぜひ一家に一冊どうぞ。

JBDFの先生がいる教室なら、どこでも取り寄せてもらえますよ。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」