怒涛のクルーズ!白波を越えて踊れ!!

前回の投稿では、意気揚々と船出するまでをお伝えしました。

ここからは本業であるダンスアテンダント(りぼんちゃん)の仕事。

船内では豪華ディナーやミュージカル、大道芸やミニコンサートなど催しが盛りだくさんです。

我々はダンスホールにて待機し、訪れるお客様とダンスに興じます。

21:00から始まったダンスタイムには大勢のお客様が。

こちらもテンションを上げ気味で踊り始めました。

しかし、突然!!「???」

う~ちゃん

ゆ、揺れてるやんけー!

そう、海に浮かぶ船は揺れるもの。

床が左に傾いたり、右に傾いたり、うねりに合わせて変幻自在に揺れるのです。

額に浮き出る脂汗と、こみ上げる吐き気。

スポットターンでお客さんの手を放すと、傾斜に向かって飛んでいってしまいます。

う~ちゃん

あ、あかん。大変や!

そこは船上でありながら、もはや戦場。

うまいこと言って座布団をもらってる場合ではありません。

必死に知恵を絞り、先輩アテンダントに聞きながら安全に踊る技を身に付けていきます。

船上の必殺技集

【ぺたぺたワルツ・ぺたぺたスロー】

ライズなんてもってのほか。ベタ足でぺたぺたとステップを踏みます。

12ぺた、1ぺたぺた、ぺたぺたぺた…。

【下ってるLODは進まない】

傾斜がついているLODで進むことは厳禁!下っている方に向かってクイックオープンリバースなどした日には、フロアを飛び出して壁に激突していまいます。

その場で足踏みするだけで、勝手に進んでいきます。

【なんちゃんてスポットターン】

お客さんがスポットターンをしている時に、自分も回っていると、お客さんはどこかに吹っ飛んでいきます。

スポットターンで右足を交差しても回らない。いつでもお客さんを受け止められるようにします。

 

そんなこんなで、ダンスタイムが終了したのが24:00。

お客さんを抱きとめ、両足で踏ん張り続けたので満身創痍です。

 

でも、お客さんも、他のアテンダントの方々も元気です。

アテンダント

こんなの慣れよ。

常連のお客さん

大阪湾や瀬戸内海なんて全く揺れないよ

なのだそうです。

この投稿は乗船して5日目。

確かに慣れてきました。

あと少し、頑張っていこうと思います。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」