ハマジル?浜汁って何??

クルーズは神戸~別府(大分)~神戸となります。

アテンダントの先生方がお茶を飲みながら話をしていました。

A先生

ハマジルがね……、×××なんだよね。
それを聞きつけた僕は会話に加わります。

う~ちゃん

おおぉっ、別府名物ですか?浜汁って美味しそうですね

B先生

えっと、ハマジルって言ってもね…

う~ちゃん

やっぱ漁師メシっすか?味噌仕立てですかね?

A先生

いや、ジルバ仕立てなのよ

う~ちゃん

ジルバ仕立て?浜汁?
そう、浜汁ではありません。ハマジルです。

横浜ジルバ、略してハマジル

関東の社交ダンス界には横浜ジルバなるものが存在するのです。

どんなものかと言うと、まだ解明中です。

ジルバがかかると発動します。

通常のジルバがベースになるのですが、いろんな要素が加わります。

サルサのアームワーク。

リンディンホップのベーシックステップ。

スウィングダンスのようなリード。

メレンゲのようなステップ。

つまりは、なんでもアリのダンスっぽいんですよね。

Baseball-booted students jitterbugging at the Carrere night club in Paris. (Photo by Keystone Features/Getty Images)

どれが本家で、正統派とか、どれが亜流で我流だとか、先生方もよくわからない様子でした。

横浜ジルバで検索するといっぱい動画がでてくるので、みなさんも一度ご覧ください。

”あやとり”と呼ばれる、アームワークがややこしいのを、3つほど教えてもらいました。

成功率は低いですが、モノにして帰ろうと思います。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」