踊りたいのに踊れないのっ!ダンス難民な女子たち

パーティーも 

女ばかりじゃ

踊れない

いきなり一句詠みあげてみました。

字余りではありませんが、女子余りです。

レッスン、パーティー、そしてクルーズ。

今年一年、社交ダンスが踊られる場に数多く触れ合いました。

やはり女性が多いのがこの世界。

う~ちゃん

せっかくパーティーに来ても、逆にストレス溜まるやろな~
というのが率直な感想です。

もちろん主催者側も手をこまねいているわけではなく、リボンちゃんを動員します。

それでも、焼け石に水。

僕たち男性は、踊り続けようと思えば、それこそ何曲でも踊り続けられます。

しかし、女性陣はそうはいきません。

1回のパーティーで何曲踊れるのでしょうか?

ひどいパーティーだと1時間いて3曲しか踊れなかったって話を聞いたことがあります。

20分で1曲です。

これは極端な例ですが、踊るよりも座ってる時間が長いなんてことは当たり前。

同じ船にのった東京のアテンダントさんに聞いたのですが、関東ではチャーターなる仕組みがあるそうです。

チャーターとは一人、もしくは2,3名の女性が専属のリボンちゃんを従え、パーティー会場に乗り込むのです。

別のパーティーでは女性3名に対して、リボンちゃん1名を確約するなんて仕組みもあります。

いずれにしても、プラスαのお金が必要になるわけです。

チャーターは大阪にも根付いてきているようです。

リボンちゃんだらけのパーティーはさすがに関西ではないみたいですね。

ダンスをこよなく愛する女性たちがハッピーになれるような、機会を作っていけたらと思う今日この頃です。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」