カーブドフェザーは「る」の字で制覇!

皆さんご存知のカーブドフェザー。

結構難しいんですよね。

女子

何よ、ナチュラルターンなん??あっ、カーブドフェザーやん!わからへんやん
ってなりがちです。

ワルツやスローフォックストロットで使います。

スローではベーシックフィガーに含まれてるんです。

コーナーの辺りで、ちょっと距離が短い時とか、

目の前に他の組がいて込み合ってる時とか、

とても便利な足型なんで、クリアにリードが伝わるようにしたいもんです。

今回はこのカーブドフェザーを簡単に踊れるようイメージしてみましょう。

カーブドフェザーからオープンインピタスの第一歩目。

ズバリ「る」の字をイメージするんです。

とは言っても、丸ごと「る」の字を使うわけではありません。

「る」の字の下半分。

ワルツのカウントで示してみましょう。

よくあるパターンで、考えてみましょう。

コーナー付近で壁斜めに踊るとして、赤線の部分がカーブドフェザーの軌道になります。

1で壁斜めに前進。

2で壁に前進。

3で逆壁斜めに前進。

ここまでがカーブドフェザー。

で、次の1でLODに後退。

足を出す向き(アライメント)で書くとちょっと難しいですね。

男性は力強く、ボディー全体で「る」の線上を進むんです。

極太マジックで「る」を書く感じ。

 

大事なのはカーブドフェザーの終わりでナチュラル回転を止めてしまわない。

そうすると「ろ」になってしまいます。

大きなナチュラル回転小さなナチュラル回転

回転を継続することで、逆壁斜めからLODへ滑らかな体重移動か可能になるんです。

女性も重要な役割を担っています。

男性が「ろ」ではなく、きれいな「る」を書くために、最後のクルンとなった丸の部分でしっかり前進すること。

つまり、オープンインピタスの一歩目ですね。

男性のみなさん。

カーブドフェザーに入る時、

(っ`Д´)っ;;「る~~っ!」と、

絶叫しながら踊ってみてください。

とても滑らかに踊れるはずです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」