社交ダンスは下り坂で踊れ!

社交ダンス界は下り坂…、って話ではありません。

社交ダンスを踊る時、下り坂をイメージするんです。

下り坂は主にスタンダードで絶大な効果を発揮します。

 

どういうことかと言うと、

進行方向に向かって、フロアが下り坂になってると思い込むんです。

例えばナチュラルターン。

壁斜めに向かって下ってます。

スピンターンではLODに向かって下ってます。

スピンターンの最終歩は、足を着いた方向に下っています。

 

これで全ての事柄が解決します。イラストを見てみましょう。

これは後退の人の場合です。

急な下り坂を、重い荷物を両手に持って、下っていくと思ってください。

上半身が反り返ってしまうと、頭からひっくり返ってしまいます。

なので、自ずと上半身は赤矢印のように進行方向とは逆に動こうとするイメージになります。

ウェイトの移動も、なるべく曲げられた軸足にギリギリまでとどまろうとします。

ムービングレッグは、重力により、下に大きく進むことができます。

これって、まさに後退の者が意識をしなければならないことです。

 

前進はこの真逆になります。画像をちょっと編集してみました。

右側に向かって前進すると思ってください。

同じく、急な下り坂を、重い荷物を両手に持って、下っていくと思ってください。

上半身がそのままだと、頭から落ちていってしまいそうになります。

なので、自ずと上半身は黄矢印のように進行方向とは逆に反り返ります。

ムービングレッグは着地した瞬間、重力により、膝がしっかり前に押し出されます。

これも、まさに前進の動きです。

 

つまり下り坂を強くイメージすることで、トップのイメージ、膝の使い方、ウェイトの移動など、いくつも気を付けなければならないポイントが一気に解決します。

僕は、調子の悪い時「下り坂」だけに意識を集中します。

前回の投稿で脚の力を抜く方法もこれで解決です。

人間は静止した状態から動き始めようとすると、どうしても筋肉を使って動こうとしてしまいます。

でも、急な下り坂に立っていると思えば、ごく自然に体を動かすことができるのです。

ロアだとか、頑張って足を遠くに出すとか、そんなこと考えなくてもいいんです。

 

とりあえず、急な下り坂を見かけたら試してみてください。

正しい形、正しい力加減がを感じることができるはずです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」