シャッセツーライトの失敗作!?

スタンダードには様々なフィガーが存在します。

それらの中には、別のステップを踊ろうとして失敗したことから生まれたフィガーがあるそうです。

これは「う~ちゃん個人の見解」です。
我々最大の敵、フォーラウェイリバース&スリップピボットシャッセツーライトの失敗作である!

偉い先生方に見つかると怒られてしまうので、あまり大きな声では言えません。

女性にフォーラウェイリバース&スリップピボットを教える時にこっそり言ってます。

そもそも、フォーラウェイリバース&スリップピボットを失敗してしまう原因は、4歩とも進行しようとする方が多いからです。

これは男女共やっちゃう失敗です。

 

以前にも書いたと思いますが、スタンダードには絶対的な法則があります。

進む距離と回転量は反比例する

のです。

女性は3歩目で5/8回転、4歩目で最高1/4回転。

距離を出せるわけがないのです。

 

なので、参考になるのがシャッセツーライト。

正式名称は「プログレッシブシャッセツーライト」ね。

これを何回も繰り返して、ボディーが進む距離を覚えます。

で、女性がシャッセツーライトだと思い込んでいる時に、突然に男性がフォーラウェイリバース&スリップピボットを仕掛けてみるんです。

あら、不思議。

意外とうまく踊れるじゃないですか。

つまり、僕が想像するに、昔のダンサーが込み合ってるフロアでシャッセツーライトをしようとしたら、他のカップルとぶつかりそうになって、左に急回転してみたら、案外かっこよく踊れたぜ!っていう具合に誕生したフィガーなんだと思うんです。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」