優しく道を譲ってね!ヒールターンを制覇する。

ヒールターン

それは女性陣の永遠のお悩み。

スローフォックストロット最大の壁。

そして…、憧れ。

 

ピタリと足の揃ったヒールターンって美しいですよね。

僕はスローのデモを観る時、女の人のフットワークをガン見します。

綺麗で優雅ですからね。

 

ところがどっこい。

女子

ヒールターンなんか無くなってしまえっ!
と思っている女性は多いと思います。

 

男性だって、思うようにリードが伝わらないので悲しくなっちゃいますよね。

 

さて、ではなぜ上手くヒールターンができないのでしょうか?

技術的な原因を挙げればキリがありません。

今回は一つだけアドバイスです。

 

ヒールターンができないのは、ヒールを揃えることに夢中になりすぎて、他のことを全部わすれちゃうから。

つまり気持ちの問題です!

 

「何だそれ?」って思ってませんか。

でもとても大事なこと。

 

男性のリードって大変なんですよね。

だから、男性もヒールターンのリードに夢中になっちゃって、結局何もできなくなるんです。

 

つまり、2人して全然動けなくなっちゃう。

 

ここは、大きく深呼吸。

 

脚を揃えたり、ライズのタイミングを早めたり、いろいろ考えない。

普通にリバースターンをする要領です。

 

女性の仕事は、右足を後退させたら、すみやかに男性に道を譲ること。

左ボディーを引いて「どうぞ、お先にお通りください」って気持ちね。

たったそれだけで、ぶつかったり、バランスを崩していたのがウソみたいに解消されます。

 

はじめは、実際にヒールが揃わなくたってかまいません。

でも、男性はたったそれだけのことで、ヒールターンが上手くいったと勘違いします。

 

そこから先は男性の仕事。

しっかりとヒールターンのリードができていれば、女性の足は勝手に揃います。

 

避けてあげる。それだけでスローに対する苦手意識が無くなった生徒さんもいらっしゃいます。

 

モノは試しです。

雑念を全て捨て去って「お先にどうぞ」

ぜひ実践してみてくだささい。

う~ちゃん

腑に落ちるか、落ちないかは貴方次第です

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓


社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」