ルンバをルンバっぽく踊りたい

ルンバを教えるにはいくつのも段階があります。

  1. まずはマンボステップを踏めるようにしてもらう
  2. マンボステップとのカウントの違いに慣れてもらう(カウント2ね)
  3. 女性はとにかく進行を止めないよう頑張ってもらう
  4. あとは音楽に乗って適当に踊る
  5. 楽しければGOOD!

僕は、初心者の方にはあまり足型を突っ込んで教えません。

で、ある程度ルンバが踊れるようになった方が僕にリクエストしてくるのが、

ヒップアクション。

でも、やっぱり僕は詳しく教えません。

何となく、音楽に乗せて体全体やヒップを軽く、軽~く揺するだけでOK。

ルンバで大事なことはカウント4でええカッコすること

どれだけリラックスして踊っていても、カウント4だけは真っ直ぐ立って、しっかり魅せる!

かこよく、美しく、カウント4で立っている間に、男女が息を合わせます。

そうすると、1,2,3のカウントがグニャグニャで踊ってたとしても、ちゃんとルンバに見えるんです。

パーティーやちょっとしたデモで踊るならじゅうぶんです。

変にヒップアクションにこだわってヘンテコリンになったり、心のゆとりをなくすなんてもったいないですよ。

「ヒップ」「ヒップ」(;´Д`)

ルンバっていい感じの曲がバンバンかかるじゃないですか。もっと音楽を楽しみましょうよ。

話は少し変わって、

男子

「4」のカウントを取るのが難しいんじゃん!

という方。

ほとんどの方は「1」で踊り出してしまいます。

良い風に解釈すると、「1」は必ず取れるんですよね。

その「1」のカウントで指パッチンをするんです。

ルールとして指パッチンの間は何もしない。

そうすると、うまく「1」で待てて、「2」から踊ることができます。

左手は女性の手を取っていることが多いので右手で指パッチン。

別に指パッチンにはこだわりません。頭を叩いたり、「うん」て言ってみたり、頭を振ったり、口の中で舌を噛んでみたり、とにかく「1」ではダンス以外のことをする。

更に、究極の方法としては…。「1」から踊り出しても気にしない。

気にしないったら、気にしない。

別に音楽に乗ってたら、それでOKです。

女性がそれで不快に思わないなら、カウント取るのにアクセクすることないと思います。

思い出してください。マンボを初めて習った時を。

「1」から踊り出すじゃないですか。

とにかく、何かに縛られながら踊るダンスは楽しくないです。

今回はイメージじゃなくて、具体的な話でした。

ルンバでお悩みの方、ぜひ一度トライしてみてください。

【お願いっ!】ブログランキング参戦中!
↓↓↓下のバナーをクリックしてね↓↓↓

社交ダンスランキング
「ランキング、アゲ、アゲ~!」